旅・散歩

【地元再訪】竹と和紙と電球の温度・石塚商店【湯島】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地下鉄千代田線湯島駅3番出口を上がってすぐ。
ほんのりと机を照らす明かりに惹かれて近寄り、覗き込んでいたところ、シャッターを下ろしに来た奥様のご厚意で閉店間際にお邪魔させていただきました。
消灯ずみにもかかわらず、せっかくだからといくつかの照明に明かりを入れていただくことに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

照明は明かりを入れると表情が変わるとよく聞きますが、思わずため息が漏れるほど。
かすかに聞こえる地下鉄の音と相まって、銀河鉄道の夜を思い出させる幻想的な光景でした。

石塚商店は元々、照明器具の販売を行っていたわけではなく、竹で編んだ様々な生活用品を扱っていたのが始まりなのだとか。
そのため「竹屋さん」と呼ぶ古馴染みも多かったそう。
照明器具の製造販売は遡ると大正時代以前のカタログが残るほどの歴史を持つという石塚商店は、現在は奥様お一人で在庫の処分がほとんどだそうです。
というのも「つくる人がもうどこにもいなくなってしまった」からなのです。
そもそも、石塚商店は一般的な照明器具販売店ではなく、オーダーメイドの照明器具を販売していた会社なんです。そのため、店舗自体も基本的に商品サンプルを展示する場所であって、そのものを販売する目的で置いているわけではありません。
石塚商店の照明器具は、持ち込まれた設計やイメージにご主人が手を加え、明かりが灯った時の光陰が絶妙になるよう加減されていました。
その数値では表現しにくい部分が様々な大手メーカーや寺社仏閣、著名人、有名料亭などから愛され、現在も様々な場所で灯りを灯しています。
中でも最も有名な場所は、靖国神社の茶室。和の空間の最たる場所にぴたりと作られた照明が石塚商店の作です。

竹以外にも細かな木製の細工や鋳物、板金加工など、素材によって光の加減が変わる照明は、奥様が和紙の張り付け、張替えを行ったものも多く「あれもこれもみーんな私がやったの!」と言われてその数にびっくり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やわらかな曲線を描く縁にそってシワ1つなくぴんと張られた和紙は、明かりに干渉しないよう枠に紙の合わせを重ねるのが難しいのだそう。
「嫁の労働はタダだからね。年の瀬なんか赤坂の料亭の外で主人と二人して夜の10時過ぎに宴会が終わるまでじっと待って、お客さんが誰もいなくなったらさっと入って照明を全部外して持ち帰って、きれいに張り替えて新年の5日までに付け直したりなんかしたのよ」
朗らかに笑う奥様は、育児、介護をこなしながら石塚商店の照明を支えてきました。
分厚いアルバムに記録されたたくさんの照明は、ここでなければ手に入らない貴重な職人芸であり、そして同時に失われてしまった技術が灯す最後の明かりでもあります。

実はご主人は6年前に亡くなられ、ご主人より高齢だったという竹細工職人とは既に連絡を取らなくなって久しく、今となっては消息がわからないのだとか。
「照明が好きでなきゃやってられない仕事」と言う奥様の温かい眼差しを照らす、竹細工の照明。
職人は竹が一斉に枯れてしまう自然現象によるトラブルや、仕事量の減少による単価の高騰、バブル崩壊などが重なって、技術を継ぐ人がいなかったのだそうです。
行政が支援に乗り出した時には既に時遅く、職人自身が高齢になり、思うように技術継承が行われないままに。
そしてかつては身近だった竹編み細工と照明器具を繋いだご主人によるデザインの妙も、今は図面の上にデータだけが残されています。

照明の光源も、石塚商店の歴史とともに大きく変わっています。
2008年4月に自主的生産終了が呼び掛けられた白熱灯は、2015年現在、一部の特殊な電球を除いて国内のほぼ全社で生産が終了しました。
エコ&長寿命の先駆けになった電球形蛍光灯も、販売数の減少にともなって現品のみとするメーカーが増えて、店頭から姿を消す日も遠くないのでしょう。
かつてろうそくを灯した行灯に電球が入ったように、時代は着実にLED照明へと移り変わっています。
残せなかったものと、これからでも残せるもの、そしていつまでも消えないもの。
久々の電球の明かりを楽しみながら、いろいろと考えさせられた夜でした。

ABOUT ME
わたぬき
人生脱線しっぱなしの、アラフォーのゆるいおひとりさまライター。 人生の3分の2を腐女子として熟成して過ごし、漫画もアニメもゲームも大好き。 普段はIT系の情報系コラムや記事の他、取材やインタビューを中心に地域情報やライフハックを執筆。 大人の発達障害の壁にぶつかり、人様の助けを借りながら試行錯誤の毎日。ドロップアウトしたっていいじゃない。
ライター向けの情報あれこれ

主に初心者WEBライター向けの、どうすれば遠回りなく、できるだけ早く、稼げるようになるのかという経験則から来る話。

収益をアップしたい初心者ライター向け

あわせて読みたい
【ライター】初心者WEBライターが時間単価を上げて効率よく稼ぐ3つのポイント初心者WEBライターにとって、どんな案件をこなせば収入が伸びるのか気になるところではないかと思う。 なにしろ、最初の頃に出会う案件は、...
あわせて読みたい
【ライター】タイピング速度を向上させてライター収入をアップする方法タイピング速度って、ライターの皆さんどんくらいでしょう? ライターの単価論や収入論は、文章力や企画提案力など色んな切り口があります。 ...
あわせて読みたい
【ゆるいライター話】1500文字が15分、初心者向け速筆付箋ライティング法とある会社でライティングを担当してたんですが、「500文字は普段ライティングしない人にはかなり長文」という事実を知った昨今。 500文...

スキルアップするためのコツ

あわせて読みたい
【ライター】説得力がある文章を書くには「調べる力」を鍛える誰にでもわからないこと、初めてなことってありますよね。 そこであなたは「知ってる人に教えてもらう」or「Googleで調べる」…どっち...
あわせて読みたい
【ブログ】効果的な記事の見出しの作り方は新聞の見出しから盗もうブログ記事のタイトルや小見出しってすっごい困りますよね。 どうやって付けたら読んでくれるんだ?!って毎回悩む悩む。 SEO的定石はあ...

ライターとしてのキャリアを考える

あわせて読みたい
【ゆるいライター話】初心者ライターに必要なのはセミナーやサロンじゃないかもしれないどうも、家畜ライターから社畜ライターにジョブチェンジしたのに、また家畜ライターに戻ろうとしてるわたぬきです。 2年ぐらい前に書いた話に...