仕事の話

【初心者向け】WEBライターが収入を増やすには、文字単価より時間単価を上げるべし

初心者WEBライターにとって、どんな案件をこなせば収入が伸びるのか気になるところではないかと思う。
なにしろクラウドソーシングで出会う案件は、文字単価0.5円とかどう見ても安い。
安い仕事じゃ割に合わない、でも実績がないと上に行けない。いつまでも安い仕事ばっかりじゃ食っていけない。
効率よく稼ぐにはどうすりゃいいのさ。

ということで、未経験スタートでライター歴8年、平均単価4~5円あたりを漂うわたぬきが、初心者WEBライターが陥りやすい低時給の回避方法と、効率よくコスパのいい案件をこなすためのポイントを紹介していこう。

文字単価≠時給だということを理解しておこう

WEBライターになると、おそらく今までの給与体系とはまったく縁のなかった「文字単価」というやつと出会う。
文字単価とはシンプルに、1文字当たりの報酬金額だ。だいたい2円前後が多く、初心者向けの案件だと0.5~1円、逆に専門性が高くなってくると4~5円以上。10円以上になってくると超高単価案件だ。
Googleが信頼性と権威性にうるさい健康・薬事・金融あたりの国家資格と実務経験を必要とするような案件は、単価100円を超えるものもある。
同じ3000文字でも、0.5円の案件は1500円、5円の案件は15000円。雲泥の差だ。

どうせやるなら5円の案件がいいよね。
わかる。
でも待ってくれ、落ち着いて話を聞いて欲しい。

文字単価とかいう曲者な単位

3000~4000文字で文字単価1円だと、3500文字書けば3500円……というわけでもないのがこの文字単価の厄介なところだ。
実は結局のところ、文字単価が書かれていても記事単価での発注が多い。
1円で3000~4000文字の発注だと、「最低3000文字、最大4000文字で書いてね、1記事3000円だよ」ってことだ。
WEBライティング界隈の黎明期にあった、ホントに文字数でいくらとか、1ファイルでキロバイトいくらだったころの名残といえばそうなのかも。

なにはともあれ、文字単価というのは実質「文字単価×最小文字数=記事単価」と思っておいてだいたい間違いはない。
本当に文字数に単価を掛けてくれるクライアントはいいお客様として大事にしよう。

調べる+まとめる+書く=作業時間であることを意識する

見た目の高単価に惹かれて安易に未経験ジャンルの案件に飛びつくと、時給に戻した時にとんでもない低時給になることがある。
執筆内容が実力に対してあまりに難しかったというやつだ。

執筆には「調べる」「まとめる」「書く」の3フェーズがある。
WEBライター初心者が陥りやすいのは、作業時間を「書く」だけで見積もってしまうことだ。

しかし、実際に一番時間を食うのは「調べる」ところ。
知らない分野に関する情報を調べるには、よく知っている分野の数倍の時間が掛かる。
ましてや効率のいい検索の仕方を知らないWEBライター初心者にとって、執筆に必要な情報を集めるだけで一苦労だ。
結果として、想定していた数倍の時間を執筆作業に費やすことになる。
それでも成果物を提出できればまだしも、時には締切に間に合わず、信用を失ったうえにすべての苦労が1円にもならないこともある。

文字単価の高さは、その記事に対する発注者の期待値の高さと、執筆難易度の高さ、そして締切までの時間で決まってる。
なので安易に「あ、ちょっと調べればわかりそう。美味しい案件ゲット!」と思うととんでもない罠が待ってるわけだ。

文字単価を時給に換算して、全体の工数で考えよう

さて、あらためて3000文字の記事で考えてみよう。
文字単価が0.5円でも、ほとんど調べる必要がなく、さっさと1時間で書けてしまえば時給は1500円だ。
5円だけどリサーチ込で執筆に10時間掛かれば、やっぱり時給は1500円だ。
さらに執筆に「写真の選定」や「CMSへの装飾と投稿」が加わるとさらに時間を食われて面倒くさい。

つまり見た目の文字単価が高くても、工数が多い案件は低時給になりうる。
なので、受注する前にその案件にかかる工数を計算する習慣をつけておこう。
単価が低くても工数が少ない案件は高時給、単価が高くても工数が多い案件は低時給だ。

執筆に必要なリサーチ量+執筆量+付随する執筆以外の作業=その案件の工数

単価より工数を意識して受注していくことで、効率のいいWEBライター業ができる。

自分の専門ジャンルにする得意分野を作る

延々説明している通り、原稿を執筆するために「調べる」ためのリサーチ時間は案件を処理する時間のかなりを占める。
逆に言えば、時間あたりの単価効率を上げるには「調べる時間」を圧縮すればいい

「好き」はすでにライターとしては専門と言える

専門と言っても、別に専門家である必要はない。
資格を持っていたり、その分野について研究しているならそれは大きな強みだが、「興味がある、好き」も十分に専門の範囲だ。

相談に来るライター初心者によく言ってる話なんだが、人は知らないものに気づくことは出来ない
知らないということ自体に気付かないからだ。
興味がなく取っ掛かりすらわからないものを調べるには、膨大な工数がかかる。これが先程も説明した、初心者ライターが陥りやすい「リサーチ時間が増えて潰れる」罠の原因だ。

逆に好きな分野で多少なりとも興味があるなら、それは専門になりうる。
日頃から情報に注目しているから、どこに調べる取っ掛かりを持てばいいのかわかっているからだ。
最初はさほどでなくても、繰り返し調べて書いていることで、次第に専門になっていく。

物事には繋がりがある、繋がりを意識して知識を蓄えよう

一見関係ないようなものでも、辿っていくと繋がる話題というのはよくある。

例えば、運送各社の送料値上げと、車のタイヤの値段と、中国投機筋と、地球温暖化。
この4つのキーワードは一見、まったく関係がないように見えるが、実は繋がっている。
タイヤの原料となる天然ゴムは赤道に近い限られたエリアにしか生えていない。温暖化が進んで気候が変わったり赤道付近を自然災害が頻繁に襲うようになると、当然値段が上がる。
そしてもう一つの原料である合成ゴム。原料のブタジエンに投機筋が入り込むと、合成ゴムの原料価格が上がる。
最終的に2種類の原料価格が高騰してタイヤの販売価格が上がり、輸送コストに跳ね返り、私達の手元では送料の値上げという形で見えてくる。

いわば情報のピタゴラスイッチだ。

得意分野に対してアンテナを張り、意識して繋がっている情報を辿ることで、周辺の付随する分野へとフィールドを広げていけるというわけだ。

専門を持つことはリサーチ力を鍛える

調べる力をあげるには、ひたすら繰り返して経験値を溜めていくしかない。
今の時代、ネットは情報の洪水だ。眺めて垂れ流しているだけだと、ひたすら時間が消えていく。
そういう時に、専門という方向性を持つことで調べる力を短時間で鍛えることができる。
リサーチ力というのは一種のテクニックだから、一回これを身に着けてしまえば次の専門を作るのが一気に楽になる。

そして「私はこれが得意です」というアピールは、仕事を発注する側にとってもやりやすい
私も発注する側になってしみじみと噛み締めたが、「なんでもできます!!」という人には、なにをやらせていいのかわからないのだ。

あわせて読みたい
【ライター】説得力がある文章を書くには「調べる力」を鍛える誰にでもわからないこと、初めてなことってありますよね。 そこであなたは「知ってる人に教えてもらう」or「Googleで調べる」…どっち...

自分のお得意様フィールドを開拓する

やっぱり直接契約…大口の顧客…企画提案…実績が…。
なんて思っちゃいないだろうか?

はっきり言っておくね。
大企業の大口顧客と何本も直接契約して、企画提案してバリバリ実名掲載コラムが有名サイトに出てて、一般人にも知られるような実績を出しまくってるやり手ライターは、ただの幻想です。
え、そういう人いる?
Twitterでいっぱい見かける?
そうだね、万単位でいるライター人口のトップ層にいるね。ほんの一握りだね。

なのでまず、その固定概念を捨てよう。
お得意様は別に、直接契約の顧客だけじゃないんだ。

自分の得意分野の顧客が多い場所で土台を作る

WEBライターと一言で言っても沢山の種類がある。
SEOライターもいれば、コラムライターもいる。インタビュー記事や体験記事もWEBライティングだ。
自分がどういう分野で執筆したいのかによって、顧客がいる場所は大きく異なる。
鮎を釣ろうとして海に船を出す人はいないように、顧客の多い場所で土台を作らないと、狙ったジャンルの案件を掴めない。

私の場合、SEOならクラウドソーシング、コラムならオウンドメディアの募集、インタビュー記事や企画記事ならSNSやWantedlyのような採用サイトから案件を取っている。

初心者WEBライターは、まずは「どんなライターとして活躍したいか」を視野に入れて実績を積み上げる土台を選ぼう。

ポートフォリオを作ってオウンドメディアのライターを狙う

得意分野、専門分野と被っているオウンドメディアのライター募集に応募する時、必要になるのがポートフォリオだ。
ライターとして実績がない場合でも、執筆テストを受けてライター採用を狙うことができるオウンドメディアも多い
とはいえ毎回書いていると大変なので、自分の執筆サンプルをいくつか作っておこう。
ポートフォリオをすぐに提出できるようにしておくと、相手との交渉もスムーズになる。ようは「メディアで執筆を任せられる文章力と専門性があるか」を見ているので、今までの実績がなくても書ければ食い込んでいける。

Wantedlyやハロワカ?を活用する

Wantedlyハロワカ?には、ライター募集をしている編プロや出版社の情報がたくさん集まっている。
Wantedlyは新卒、中途、業務委託とさまざまだが、フリーライターとして活躍したければここの「話を聞いてみたい」はかなり有効だ。
面談日には相手のメディアにあう企画などを持っていくと、よりスムーズに仕事の話に入れる。

ハロワカ?に掲載されている出版社、編プロも、未経験者OKの会社はかなりある。私もここに掲載されている編プロに突撃し、未経験実績なしからライターになった。
ハロワカ?の掲載案件は基本的に在宅業務なので、所在地が都心でもskype面談などがOKの場合が多い。

どちらを活用する場合も、書きたい企画のイメージを具体的に固めて企画書を作ったり、ポートフォリオは用意しておこう。

クラウドソーシングは実績としてもお得意様としても優秀

そしてWEBライターの多くが仕事を取るクラウドソーシング。
安い案件ばかりだとか、固定の専属契約が取りにくいとか色々言われているけど、実は過去の実績として成果物を見せられないSEOライターにとって、クラウドソーシングほど仕事の実績に対する客観的な評価を顧客にアピールできる場所もない。

過去、どんなジャンルの仕事をして、顧客からはどんな評価を受けてきたのか。プロフィールで一目瞭然なので顧客への訴求力も抜群だ。
クラウドソーシングだけで月に100万近い売上を立てるフリーライターも存在する。

稼げないわけでなく、稼ぎ方次第というわけだ。
ここでしっかりと実績を積んでいれば、過去の実績を求められた時にも提出しやすい。

WEBマーケティング会社のライター募集に応募する

クラウドソーシングと似ているがちょっと違うのがこれ。
SEO系のマーケティングを担うWEBコンテンツ系の企業はたくさんある。クラウドソーシングとの違いは、ある意味顧客と直契約という部分。
なので、毎回毎回「はじめまして、WEBライターの〇〇と申します。貴社の案件を拝見し~」というお約束のやつを書かなくていい。

各社独自のWEBシステムを持っていて、ライターに案件を投げたり、納品を受けている。
有名ドコロだとザグーなんかがそうだ。高評価のライターは特別案件で結構な単価で稼げるという話を聞く。
私は使ってないので使用感はわからんけども。

ライター初心者から中堅までおすすめ、「Cacasel」

私が4年ほどお付き合いがあって、「ここはほんまええで…」と推しなのはCacaselだ。
老舗のSEO会社サクラサクマーケティングが運営しているので、まず案件がものすごくしっかりしたものが多い。そしてコンテンツマーケティングの基礎やSEOのお作法から学べるので、ライターとしての基礎力がつく。
あと単価が高い案件が多い。もう一回言う。単価が高い案件が多い。1.5~3.5円の案件がザクザク出ている上に、今ならまだ所属ライター数がそこまで多くないので案件の奪い合いで戦争になりにくい
今度詳しく別記事でも紹介したいと思う。
ホントここいいよ。ある程度の専門得意ジャンルと執筆力があると、会社の中の人から直接案件が飛んできたりするので、私はかなり助かってます。

初心者を脱したい、案件が欲しい、紹介して欲しいという人は、Twitterのリプかメールで問い合わせてもらえれば、ディレクターに直接紹介します。

Cacasel

あわせて読みたい
【初心者ライター】在宅WEBライターで稼ぎたい人のための正直な収入アップ方法ライターっていったいいくら稼げるのか、ライターになりたい人や初心者ライターってそのへんが不安ですよね。 上を見れば凄い人も多いけど、自...
ABOUT ME
わたぬき
人生脱線しっぱなしの、アラフォーのゆるいおひとりさまライター。 人生の3分の2を腐女子として熟成して過ごし、漫画もアニメもゲームも大好き。 普段はIT系の情報系コラムや記事の他、取材やインタビューを中心に地域情報やライフハックを執筆。 大人の発達障害の壁にぶつかり、人様の助けを借りながら試行錯誤の毎日。ドロップアウトしたっていいじゃない。
ライター向けの情報あれこれ

主に初心者WEBライター向けの、どうすれば遠回りなく、できるだけ早く、稼げるようになるのかという経験則から来る話。

収益をアップしたい初心者ライター向け

あわせて読みたい
【初心者向け】WEBライターが収入を増やすには、文字単価より時間単価を上げるべし初心者WEBライターにとって、どんな案件をこなせば収入が伸びるのか気になるところではないかと思う。 なにしろクラウドソーシングで出会う...
あわせて読みたい
【ライター】タイピング速度を向上させてライター収入をアップする方法タイピング速度って、ライターの皆さんどんくらいでしょう? ライターの単価論や収入論は、文章力や企画提案力など色んな切り口があります。 ...
あわせて読みたい
【ゆるいライター話】1500文字が15分、初心者向け速筆付箋ライティング法とある会社でライティングを担当してたんですが、「500文字は普段ライティングしない人にはかなり長文」という事実を知った昨今。 500文...

スキルアップするためのコツ

あわせて読みたい
【ライター】説得力がある文章を書くには「調べる力」を鍛える誰にでもわからないこと、初めてなことってありますよね。 そこであなたは「知ってる人に教えてもらう」or「Googleで調べる」…どっち...
あわせて読みたい
【ブログ】効果的な記事の見出しの作り方は新聞の見出しから盗もうブログ記事のタイトルや小見出しってすっごい困りますよね。 どうやって付けたら読んでくれるんだ?!って毎回悩む悩む。 SEO的定石はあ...

ライターとしてのキャリアを考える

あわせて読みたい
【フリーランス】初心者ライターが稼ぐために必要なのは、セミナーやサロンより名刺だどうも、家畜ライターから社畜ライターにジョブチェンジしたのに、また家畜ライターに戻ろうとしてるわたぬきです。 2年ぐらい前に書いた話に...