仕事の話

【音声入力】AmiVoiceSP2はどこまでやれるのか?

AmiVoiceとは

久々にテープ起こしの仕事を投げてもらったので、AmiVoice を起動。
この AmiVoice 、 DragonSpeech と並んで音声入力ソフトとしてはかなり有名なもの。

AmiVoice には DragonSpeech のようなアプリケーションの操作機能はない代わりに、基本的に動作が軽快でメモリの占有率も少なめ。
難を言うなら、 AmiVoice をそれなりに使うには、ある程度よく使う変換や単語を自力でユーザー辞書に入れて充実させることと、一定量の音声を変換させることで喋り方や変換の癖を教え込んで調教しないといけない。
DragonSpeech はその点、かなり大型の辞書をすでに持っているので、インストールしてすぐに高い変換率で音声を文章化できるという。
その辺はユーザーの好きずきなので、値段も大して変わらないので好きなモノを買えばいいとして。
ちなみにUSBマイク付きはAmiVoiceよりDragonSpeechの方が安い代わりに片耳ヘッドセット。

SnapCrab_NoName_2014-6-25_0-44-17_No-00AmiVoice の画面はこんな感じ。
マイクが赤くなってると、音声入力モード。
喋り言葉や政治経済その他、いくつか辞書が登録されてるけど、メーカーのおすすめは「汎用音響モデル」
一番最適化されてる辞書らしく、確かに調教前でもそこそこにいい具合に変換してくれました。

実際にこの文章もすべて AmiVoice からの音声入力でやってます。
果たして音声入力はどこまでやれるのか?
手で打つより早いのか否か…。

ブログや書籍の執筆に使えるか?!

文章の執筆に軽く使ってみて、現時点で感じている問題点がいくつか。

1)こういう番号を振るのに「いちかっことじ」と発言しなきゃいけない
2)当然内容を声に出して喋るので、人がいるとかなり恥ずかしい
3)考えながら喋りながらだと、内容にまとまりがなくなり取り止めもない文章になりがち
4)複数の候補が存在するときは結局キーボードに触れることに

特に問題なのが3。
思いつくままに喋りながら入力していると、会話のときには良くても、文章としてはかなり読みづらい。
さすがにそのままでは、読めたものじゃないレベル。
結局、一旦入力した後、読み返してほぼ半分以上を加筆修正する羽目になるので、作業効率がそこまで上がるかというと、正直微妙。
かといって、なに言ってんだかわけわからない文章を、入力してそのまま送信するわけにもいかず。

1)変換効率がいいからと言って、いつも通りの文章が口からそのまま出てくるわけではないから、結局、二度手間になる可能性は十分ある
2)文章の内容によってはやっぱりものすごく恥ずかしい
3)マイクが安物だと正直使い物にならん

あくまで、今まさに思いついたアイディアを独り言メモとして使用するならあり。
ただし後で恥ずかしさに悶絶するおまけ付き。

テープ起こしならかなり行ける!

音声入力でテープ起こしは、実はテープ起こしの第一人廿さんもおすすめの音声反復入力法。
テープの音声を聞きながら復唱すると、それがそのまま文章として打ち込まれるわけで、これはなかなかはかどる。
テープ起こしでは、特に考えながら文章の構成を作るわけではないので、どちらかというと音声の速度と変わらないスピードで打ち込める方が大事。
音声入力でテープ起こしをするようになってからは、音声1時間あたりの作業時間が半分以下に短縮された。

キーボードでの打ち込み作業は、どうしても変換の手順が一回差し挟まる分、どれだけ早く打ち込める人でも声より大分遅れて入力することになる。
音声入力の場合、大体の場合は喋ったものがほぼリアルタイムで変換されて入力されるので、調教済みの音声ライブラリがあるならば圧倒的に音声入力の方がテープ起こしの速度が上がる。
実際、ベタ打ちの入力速度はそれなりに自信のある方だけど、すでに存在する文章を入力するときは、圧倒的に音声入力の方が早い。

更にAmiVoice には、テープ起こし前提に製品を考えているようで、書き起こしエディタなるテープ起こし専用のアプリケーションが付属している。
SnapCrab_無題[変更] - 書起しエディター_2014-6-25_0-43-11_No-00
一応、音声ファイルを読み込んで解析し、文字を起こすこともできはするものの、変換精度は普通の音声入力に比べるとかなり低い。
なので、基本的には音声を聞きながら音声入力でデータを起こしていくことになる。
この書き起こしエディタ、性能はなかなかのもの。
速度の変更や話者のネームタグの入力支援、タイムスタンプの入力など、文字起こしに必要な基本的な機能はすべてそろっている。
使い勝手もよく、音声認識ソフトを使いながら文字起こしを始めるなら、AmiVoiceを1つ購入すれば十分なセットになっているのが特徴。

ついでにこいつに付いてくるヘッドセットが、なかなかに高品質。
通常のパソコン用のマイクやヘッドセットだと、指向性がイマイチなのか変換率は非常に低い。
これと大体同じぐらいの性能を持っているヘッドセットを購入しようとすると、音響用の製品が必要になるため、ヘッドセットだけで軽く1万円は超えてしまう。
高品質のヘッドセットやマイクがない場合は、できるだけセットになっている製品の購入をおすすめしたい。

ABOUT ME
わたぬき
人生脱線しっぱなしの、アラフォーのゆるいおひとりさまライター。 人生の3分の2を腐女子として熟成して過ごし、漫画もアニメもゲームも大好き。 普段はIT系の情報系コラムや記事の他、取材やインタビューを中心に地域情報やライフハックを執筆。 大人の発達障害の壁にぶつかり、人様の助けを借りながら試行錯誤の毎日。ドロップアウトしたっていいじゃない。
発達障害当事者によるゆるい発達障害話

ADHDとASDの当事者の、ストラテラ服用にまつわる色々とか、仕事の話とか、ライフハックとか。

ストラテラ関係の副作用とか効果の話

あわせて読みたい
【ADHD】ストラテラの効果と副作用の主に体重減少・増加の話注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療薬であるストラテラ(ジェネリックはアクセプタ)。 ADHDの診断を受けた人なら、一度は聞いたことが...
あわせて読みたい
【ADHD】ストラテラ(アクセプタ)を普通の人が飲んではいけない理由ADHDの治療薬、ストラテラ(ジェネリックはアクセプタ) スマートドラッグとして個人輸入の規制対象になった。 「スマートドラッグ...
あわせて読みたい
【ADHD】ストラテラ切れると眠い!!副作用の「不眠」と「眠気」の対処法ストラテラ(アクセプタ)は事前に結構副作用の説明をされる。 飲む方も子供じゃないから自力であれこれ調べる。 しかし、しかしだ。 調...
あわせて読みたい
【ADHD】ストラテラを飲んで体感した「怒り」と「攻撃性」の変化と対処法ADHDは素のままだと基本的に怒りが持続しない人が多いらしい。 私自身、相当にキレても30分経てばストンと落ち着く。ASD優勢だけどA...

生きづらさを少しだけ楽にするライフハック

あわせて読みたい
【ADHD】生きづらさを少しだけ楽にする、ゆるゆるライフハック【発達障害】ADHD+ASDのわたぬきによる、体当たりで獲得した等身大の発達障害のための働き方とライフハック。 誰もに向いてるわけじゃないけど、片...

フリーランスになりたい発達障害者向けの話

あわせて読みたい
【ライター】名刺一枚で簡単にライターになる方法を教えるライターになるには、名刺1枚あればいい。 私はつねづね言ってるんですが、これ本当なんですよ。 なぜかと言うと、私がそうやってライター...