食べる系

【外食】喰らえ、豚野郎の大豚丼【肉】

JR御茶ノ水駅のホームで、空腹の限界の時に甘く香ばしい匂いに飯テロを食らった人、挙手。 
あの飯テロ…醤油の焦げた甘じょっぱいあの匂い、肉の味が口に広がるような、あああ…。
ということで久々に豚野郎に行ってきたのに写真撮り忘れたので、去年の写真など一部引っ張り出して、御茶ノ水駅の罪な飯テロ店、豚野郎などご紹介をば。

御茶ノ水駅の線路に面した通りは、丸善とレモン画翠以外はほぼめし屋オンリーという飯ゾーン。
豚野郎は大体通りの真ん中辺り、お茶の水橋口からも聖橋口からも同じ距離。
1Fラーメン屋、2F大盛りハンバーグ、3F炭焼豚丼。
炭水化物と脂肪が待ち受ける罪なビル…。

2013-06-18 17.14.28

すれ違うのでぎりぎりの階段を登ると、段にメニューが。
肉を食うならば!!
大で行かねばなりますまい!!
と、初回挑戦の時に思った己を、後々後悔するのであります。

2013-06-18 17.13.33

昼時を外したおかげで、この時は一人待ち。
12~15時ぐらいまでは階段の下の方まで列が出来るんだとか。
目の前で香ばしい匂いを嗅ぎながら空腹を我慢して30分以上待つとか、軽い拷問ですな…。

2013-06-18 17.13.21

料金は先払い。
超レトロな自販機でチケット購入であります。
メニューは潔く豚丼以外なにもなし!!
豚丼以外が気になるならば他所へ行けと言わんばかりの!

2013-06-18 16.51.47

いかにも体育会系な大将にチケットを渡し、カウンター席オンリー10席しかない店内をよじよじして着席。
店内は煙いです、そして狭いです。だがそれがいい。
ジュウジュウ肉が焼けるのを見守りながら待つこと10分ぐらい。

2013-06-18 17.02.57

これが!!大豚丼…!!
写真だとあんまりイメージ浮かばないかもしれませんが、後ろに写ってるピッチャーは2Lサイズです。
並んでるコップはジョッキサイズです。
丼、余裕でラーメンどんぶりのサイズでした…Oh、さすがコメ500g+肉250g。
どんだけデカいか…わかるな?

880円のコスパ最強ながら、味はやや強め。
ジョッキサイズのコップで水が提供される理由を噛みしめる甘じょっぱさでありました。

ABOUT ME
わたぬき
人生脱線しっぱなしの、アラフォーのゆるいおひとりさまライター。 人生の3分の2を腐女子として熟成して過ごし、漫画もアニメもゲームも大好き。 普段はIT系の情報系コラムや記事の他、取材やインタビューを中心に地域情報やライフハックを執筆。 大人の発達障害の壁にぶつかり、人様の助けを借りながら試行錯誤の毎日。ドロップアウトしたっていいじゃない。