エッセイ

【ブログ】polcaでより多くの人から支援を集めるための3つのポイント

どうも、財布の紐ゆーるゆるなプロ消費者、わたぬきです。
最近はクラウドファウンディングが一般化してきて、CAMPFIREやMakuakeみたいな大きいところよりももっと身近に、ごく少額でやれるpolcaとかありますよね。

Twitterでもpolcaでのカンパ集めをちょこちょこ見かけるようになったので、今回はpolcaで見ず知らずの人間から、一体どうやって支援を貰うのか。
「polcaおじさん」「polcaおばさん」がポチッと押したくなるのはどういう募集なのか。
財布の紐がゆるゆるpolcaババアとして、「こんなpolcaならアタイ速攻支援する!!」という話。
マーケティング理論とかそういうのは知らないよ。マーケティング全部俺!!だよ

最低限必要な3つのポイントをまず説明する

基本的にこれがないpolcaは、polcaババアわたぬきのスルー対象である。

  1. 支援を集めたい理由を自分の言葉で具体的に説明できている
  2. 自助努力や止む終えない事情、あるいは掲げた目標…とにかく見ず知らずの人間の感情を説得するだけの熱量が籠もってる
  3. ありがとうを折々にきちんと言え、感謝をわかりやすく示せる人である

なんだ、こんなことかよ。単純じゃん。
そんな声が聞こえてきそうだが、ざっくりpolcaの8割ぐらいはこれに合致しないんだ。
もちろん典型的な「お金が欲しいだけ~」みたいないわゆるクソpolcaもあるが、本人が切実そうだがさっぱりそれが伝わってこないやつもめちゃくっちゃに多い。

じゃあ、具体的な話をしていこう。

共感の導線を引き込んで感動に繋ぎ、カタルシスを売れ

大規模なクラファンと違って、polcaは基本的に商品やサービスによるバックのメリットはほとんどない。
つまり支援する側にとって、「これに投資・支援することで、このイケてるやつをいち早く、お安く手にするぜ!!」という圧倒的メリットが薄い。

じゃあなにを理由に課金するかといえば「この人を応援したいなあ」「がんばって」「俺にはできないことをやってのけるぅ!!」という、じんわりした気持ちだ。

ワンコインランチ分ぐらいポチッと押してあげたくなる。
その支援でその人が頑張る姿を見れる。
ありがとうと言われる。
うれしい。

そういう気持ちを、数百円に乗せてぽちぽちしている。

  1. どんな理由があってそのpolcaを募るのか
  2. そこまで一体どんな努力や経緯があったのか
  3. このpolcaであなたは具体的になにを得られるのか
  4. そのひと押しで頑張れる理由

つまりpolcaを見知らぬpolcaおじさんpolcaおばさんから募るには、まず共感への導線が重要だ。
共感を得て「これは気になる」と思わせた人を、polcaする理由のストーリーへと繋ぐ。
そして最終的にpolcaで集まったお金で募集主が応援者と共有することになるカタルシスをちらっと見せる。
ようするに、共感、応援、感動の物語と共有を売るってことだ。
共感に引き込めば、そのpolcaは「あなたごと」から「わたしごと」になる。
客観を主観に持ち込み、その物語とカタルシスを売るのだ。

別に大きな物語や感動じゃなくていい。
私の数百円があなたを笑顔にしたり、頑張る姿を見せてくれる。それでいいのだ。
「ありがとう!」そう言いに来てくれる気持ちでほっこりして、頑張ってねと笑える。
この気持を共有したいからこその数百円だ。

努力を見せれば「自分で買え」「我慢しろよ」とは言われない

人間、1から10まで誰かに頼る人を見ると「自分でどうにかしろよ赤ちゃんかよ…」と思ってしまう。
私が支援を見送るpolcaの大半は「お金ください」が前面に押し出されていて、支援者のWhyとHowに答えてない。
典型的な「そんなの自分で買え」「金がないなら我慢しろ」だ。

  1. その募集をするに至った経緯を具体的に教えてくれ
  2. なぜその募集をするのか、熱量を分けてくれ
  3. どんな努力をしたのか、自分がその募集に関してしてきたことを語ってくれ
  4. 最終的に、その支援があれば自分がどうなるのか、プレゼンしてくれ
  5. あとビジュアルは必ずつけてくれ

主目的の「お金をください」の前に、「なぜ」「どうして」「だから」を徹底的に埋め込んで欲しい。
あなたなりにそこに至る経緯で頑張ったことを具体的に知りたい。
そしてその支援の結果「どうなる」を教えて欲しい。

そんなことしたって貰うお金に色はない?あるんだよ!!
「そっか、こんだけ頑張ってるのか!」「うんうん、わかったよ、ババア明日の昼飯はおにぎりにするから、この300円持ってきな!!」
そう思えた瞬間、たかが数百円は虹の輝きになるんだよ!!

感謝は一番わかり易いバックだ、ありがとうを忘れずに

コメント欄、Twitter、事後報告。
こんな場所ですばやく感謝を示してくれると、polcaした側としてはとても嬉しい。
ブログなどで事後報告をまとめる時、名前を出してありがとうと言われると、うふふ…ってなる。
お礼は何度言われてもうれしい。この人が次にまたpolcaしたら応援しよう!!って思える

逆に、支援してもなんの音沙汰もない人には、次に見かけてもポチろうとは思わない。

金で感謝されたいだけなのかよって?
そうだよ当たり前だろ!!
たった数百円で誰かが何度もありがとうと言ってくれる。
上手く行ったとき、楽しんだとき、助かったとき、「あの人とあの人とあの人と…とにかくあの人達のおかげだ!」って思われたい。
その気持ちよさを買ってんだよ!!!

  1. ちょっと応援すれば届くぐらいの額(基本的に1万とか2万ぐらいまで)
  2. お礼コメントがマメ、そして何度も気持ちを伝えてくれる
  3. 事後報告がきちんとある
  4. なんならその後も小まめに関連の話が聞ける

こういうpolcaに、私はポチポチ昼飯を削って数百円を投下するのだ。

「欲しい」の本質~人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方~

「欲しい」の本質~人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方~

大松孝弘, 波田浩之
発売日: 2017/11/29
Amazonの情報を掲載しています
ABOUT ME
わたぬき
人生脱線しっぱなしの、アラフォーのゆるいおひとりさまライター。 人生の3分の2を腐女子として熟成して過ごし、漫画もアニメもゲームも大好き。 普段はIT系の情報系コラムや記事の他、取材やインタビューを中心に地域情報やライフハックを執筆。 大人の発達障害の壁にぶつかり、人様の助けを借りながら試行錯誤の毎日。ドロップアウトしたっていいじゃない。
発達障害当事者によるゆるい発達障害話

ADHDとASDの当事者の、ストラテラ服用にまつわる色々とか、仕事の話とか、ライフハックとか。

ストラテラ関係の副作用とか効果の話

あわせて読みたい
【ADHD】ストラテラの効果と副作用の主に体重減少・増加の話注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療薬であるストラテラ(ジェネリックはアクセプタ)。 ADHDの診断を受けた人なら、一度は聞いたことが...
あわせて読みたい
【ADHD】ストラテラ(アクセプタ)を普通の人が飲んではいけない理由ADHDの治療薬、ストラテラ(ジェネリックはアクセプタ)は、スマートドラッグとして個人輸入の規制対象になった。 「スマートドラッグ...
あわせて読みたい
【ADHD】ストラテラ切れると眠い!!副作用の「不眠」と「眠気」の対処法ストラテラ(アクセプタ)は事前に結構副作用の説明をされる。 飲む方も子供じゃないから自力であれこれ調べる。 しかし、しかしだ。 調...
あわせて読みたい
【ADHD】ストラテラを飲んで体感した「怒り」と「攻撃性」の変化と対処法ADHDは素のままだと基本的に怒りが持続しない人が多いらしい。 私自身、相当にキレても30分経てばストンと落ち着く。ASD優勢だけどA...

生きづらさを少しだけ楽にするライフハック

あわせて読みたい
【ADHD】生きづらさを少しだけ楽にする、ゆるゆるライフハック【発達障害】ADHD+ASDのわたぬきによる、体当たりで獲得した等身大の発達障害のための働き方とライフハック。 誰もに向いてるわけじゃないけど、片...
あわせて読みたい
【ADHD】予定忘れ対策はトイレにカレンダーを置くのがベスト【発達障害】ADHDは遠い予定をぶっちして忘れやすい。 先々の見通しを立てた行動が苦手だから締切土壇場であばばばば!!とかよくある。 定形で働く...
あわせて読みたい
【ADHD】自分時間割で対策、遅刻防止は壁掛け時計のチャイム最強だった【ライフハック】ADHDなら一度や二度はかならずあるだろう。 予定がわかってるのに他のことに夢中になって遅刻、間に合わない、あー……。 今日は早く寝...
あわせて読みたい
【ADHD】貯金が苦手な私が、無駄遣いを防いで毎月3万貯金してるたった2つのルール【発達障害】キャリアアップを目指して転職した結果、多少なりとも経済状態が改善してうふふってなってるわたぬきです。 いやねー、人生お金が全てじゃない...

フリーランスになりたい発達障害者向けの話

あわせて読みたい
【発達障害】転職を繰り返したADHDの私がフリーランスになった、たった一つの理由どうも、ライター歴がついに7年を突破したけど、相変わらず底辺を漂うわたぬきです。 最近仕事が増えてすっかり月月火水木金金だよ!! ス...
あわせて読みたい
【ライター】名刺一枚で簡単にライターになる方法を教えるライターになるには、名刺1枚あればいい。 私はつねづね言ってるんですが、これ本当なんですよ。 なぜかと言うと、私がそうやってライター...