エッセイ

【流通を】古本対策として商業作家がブログとSNSで活動するべき理由【逆手にとれ】

Twitterでもたまーに話題になる、著者と古本問題。
確かに古本が流通すると、新刊の売上から印税をもらう著者にはお金が入らなくなる。だから著者には古本に対して色々と複雑な思いを持ってる人もいるんだよね。

私も本を書くことがあるから、できれば新刊で買って欲しいなーと思う反面、私も古本大好きだしなあってこともあり。
なにしろ古本に関しては深い歴史や文化があるしね。
貴重な書籍や文化財を保存し、保護する副次的なシステムでもあるしね。

でも、そんなこと言ったって新刊買ってくれないと印税入んないんだよお!ブッコフで100円で買うなよお!って気持ちもすごくわかる。特に新古書店に対する複雑な問題はずーっと議論の種だしね。
そこで古本流通のインフラの波を逆手に取って乗るべく、商業作家さんはブログとSNSを積極的かつ活発に活用するべき理由を独断と偏見と超自分視点から考えてみた。

作家が直接ファンと交流して囲い込める時代が来た

SNSが情報インフラになる前は、基本的に発信は一方通行だった。
商業作家と一般のファンが交流するには結構ハードルがあり、作家の言動やチラ見せ情報は雑誌を買ったりファンイベント行ったりしないとなかなか手に入らなかった。
基本的に情報の流れは一方通行、出版社を経由して出版物として読者に流れる動きしかなかった。
出版物は流通に乗って新刊として販売された先は、著者の手に届かないところへ流れていくものだった。

でも今はTwitterを中心にSNSで簡単に交流することができる。
読者は気になる作家のアカウントを気軽に探したり、情報発信を辿ろうとする。
作品の感想がダイレクトに作家に届く。
フォローして、日々の発言を眺めたりリプしたり、場合によっては直接のやり取りに発展すらする。

つまり、古本を手にして読んだ読者が興味を持ち、ネット検索したとき、自分の土俵に流れ込んでくるように能動的に動けるということだ。

新刊→古本で、本はクラスチェンジすると考えてみる

東京の神保町古本屋街をはじめとして、大学の近くや駅の近くには結構古本屋がある。
Amazonやブックオフでも流通してる。
一回出版された本はぐるぐると古本業界をまわり、流通インフラ周辺になにがしかのお金を落とし続ける。
そこに著者が介在できず、著作がぐるぐる延々と市場を回されて、著者にはまったくお金が入ってこないという状態は私もあまり良いとは思えない。

私の狭い視野に限られるが、ネットで見かける古本への嘆きは大体このあたりだ。
「古本で買われて読まれてまた売られて、作家にお金が落ちてこない」
わかる。たしかにその気持はわかる。
「作品をタダ読みされてる気分だ」という嘆きも見たことがある。それもわかる。

大切な作品を読んだあと、商業作家として、読者から対価をいただきたい。その気持はわかる。
でも、反発があるのは承知の上で、古本になった著書は「著者の広告」にクラスチェンジするという考えを提案したい。

古本の流通インフラを利用した、著者のリスティング広告という古本の属性

古本となった著書が流通し、流通業界に落ちるお金を、広告宣伝費と捉えることはできないだろうか。
全国の古本屋の本棚にリスティング広告を出稿すると、途方もない費用がかかる。それを店が勝手にやってくれてると、あえて乱暴に考えてみるとする。
つまり、新刊として売られて作家に印税を発生した本は、古本になると今度は作家の広告として古本屋の本棚に並ぶと考えるわけだ。

古本そのものを広告と考えれば、それを読んで作家自身や別の作品が気になった人が着地するランディングページを用意しておく必要がある。

そこで、作家は今まで以上に積極的に、ブログやSNSを活用して、過去作を含めて自分の作品や世界観について発信するべきだ。
検索したとき、Amazonなどの小売店や古本より上に、作者のページが出てくるようにして読者を囲い込もう。
過去の作品についても、色々と発信することで読者は著者に親近感を抱く。

「古本で買ったやつは、作品が気に入ってもどうせまた次も古本で買う」という人もいるが、それは半分あってて、半分はずれだ。
著者が能動的に働きかけることが出来るプラットフォームを利用せず、流通の上でぐるぐる回っている本を指を咥えて見ていれば、誰だって安い方を買う。
けれど人の心理は面白いもので、親しみを感じた相手に対してマイナスになる行動については、勝手に罪悪感を抱く。
なので、作家が丁寧にSNSでファンを囲い込み、交流していくことで、「新刊を古本で買う」は案外阻止できる。
大好きな作家が「新刊出ます、よろしくね!」と言ってるのを見ながら(ブッコフかだらけで古本買おう)と思う人はレアだ。

もちろん、それでも古本を買い、無邪気に著者に向かって「古本屋で買いました!」と言い放つお花畑の住人もいるが、そういうフェアリーはどこへ行っても一定数いるから、心に蚊取り線香を焚いておこう。

村田屋 蚊取り線香入れ フィッシングモスキートフロッグ 4767

村田屋 蚊取り線香入れ フィッシングモスキートフロッグ 4767

1,620円(03/21 03:37時点)
Amazonの情報を掲載しています
ABOUT ME
わたぬき
人生脱線しっぱなしの、アラフォーのゆるいおひとりさまライター。 人生の3分の2を腐女子として熟成して過ごし、漫画もアニメもゲームも大好き。 普段はIT系の情報系コラムや記事の他、取材やインタビューを中心に地域情報やライフハックを執筆。 大人の発達障害の壁にぶつかり、人様の助けを借りながら試行錯誤の毎日。ドロップアウトしたっていいじゃない。
【家飯】家で食ってよし、外で食ってよし!!美味いものは美味い!【外飯】

わたぬきの手抜きだが美味い家飯レシピや、手抜き燻製話、食べ歩きのオススメ店を紹介してます。
美味いものは美味い。どこで食っても美味い。

【家飯】お手軽でおいしい時短レシピ

ADHDゆえに気が散りまくるわたぬきにとって、究極のマルチタスクである調理は鬼門。しかし食い意地が張っているので美味いものが好きだ。
そこで捻り出し編み出した10~20分で仕上がるシンプルだが美味いレシピをご紹介しよう。

修羅場の150円飯シリーズ

1食水道光熱費込で150円、15分以内で作る、修羅場の貧乏飯。フリーランスは体が資本、修羅場だからってエナドリだけ飲んでりゃいいわけではないのです。
野菜も喰う、肉を諦めない。

あわせて読みたい
【150円飯】10分で作るラグーソース風パスタ【貧乏飯】どうも、わたぬきの「面倒くさがり+金欠があわさって最強に見える」貧乏飯コーナーへようこそ。 計画性などというものとは無縁のADHDの財...
あわせて読みたい
【修羅場の】ひき肉と長ねぎの和風パスタ【150円貧乏飯】秋になったのにちっとも涼しくなりませんが、給料日前なので財布はとっても涼しいです。 ということで150円飯のルールは3つ。 1)...
あわせて読みたい
【150円飯】家事しながら10分で作るスープパスタ・120kcal【カフェ飯風】朝、ばたばたしながら作らなきゃいけない時「あー…ダメ眠い、明日洗おう…」とか思ってた洗濯物や洗い物があると、昨日の自分に殺意の波動を覚え...
あわせて読みたい
【修羅場の】白菜としめじと豚肉の和風パスタ【150円貧乏飯】 月末月初は財布が厳しいね…!給料日などフリーには存在しないのであります。大体末払いか10日頃…!!毎月の収入が安定しないから、多く貰...

自家製燻製作りは人生が変わるぞ!

修羅場を挟んだ時期に買いだめした肉を駄目にしてたんだけど、最近、燻製を覚えて席を立てない忙しい時期が「肉を仕込んで美味くする楽しい時間」に変わったよ。
もう緑色になっちゃってバイバイするお肉は冷蔵庫にいないんだ!!

あわせて読みたい
【家飯】簡易燻製器「もくもくクイックスモーカー」が楽しすぎてひとり酒が捗る件燻製。それは自宅でやるにはいろいろな意味でハードルの高い料理。 器具も高そうだし、下準備もなんかめんどくさそうだし…。 大体イメージ...
あわせて読みたい
【家飯】百均グッズ1000円分で作った簡易燻製機で、ベーコンを簡単に作る方法を教える【燻製】【前回のあらすじ】 卓上で燻製ができる「もくもくクイックスモーカー」を入手し、燻製の旨さを知る。 しかし皿は小さい、晩酌のおつまみ程...

わたぬきが美味いと言った店ははずさない

味の好みはあれど、私が紹介して美味いと言った店ではずした店はない(わたぬき調べ)
食べ歩きしてオススメしたい店を紹介していくよ。0.1トンのわがままボディを作った罪な店たちだ。

あわせて読みたい
【肉】御茶ノ水で喰らえ、ボリュームがヤバイ豚野郎の大豚丼【肉】JR御茶ノ水駅のホームで、空腹の限界の時に甘く香ばしい匂いに飯テロを食らった人、挙手。  あの飯テロ…醤油の焦げた甘じょっぱいあの匂い...
あわせて読みたい
【肉】洋食屋せんごく本郷店【ステーキハンバーグ】本郷もかねやすまでは江戸のうち。 かねやすのある本郷三丁目交差点にある洋食屋せんごく本郷店。本店の春日店は昭和45年創業。 本郷三丁...
あわせて読みたい
【ランチ】肉バル style2【岩本町】秋葉原から少し離れて岩本町方面へ出ると、がっつりとオフィス街。 飲食店もそこそこあるしお弁当屋もあるんですが、人口に対して十分とは言え...
あわせて読みたい
【カフェ】カヤバコーヒーでタマゴトーストと大正を味わう【谷根千】下町情緒が残る東京の中心エリアといえば、谷根千。 谷中・根津・千駄木をまとめて「谷根千」。 猫散歩エリアとしても名高い谷根千は、カメ...
あわせて読みたい
【肉】肉ソン大統領で山盛り2.9kgの肉を食い尽くす【秋葉原】世間が米大統領選挙で賑わう中、ひと目見たら忘れられないその名前…肉バル「肉ソン大統領」。 友人に名前を聞いて以来気になって気になってし...
あわせて読みたい
【肉ランチ】フレンチ食堂ぶどうでミートボールのラグーを食し女子力を上げる【岩本町】食い道楽とスマホの話しかしてませんが、私は元気です。 ポッキーとプリッツの日ですがやる相手なぞおりませんが、私はとても元気です。 ダ...
あわせて読みたい
【カフェ】横浜中華街・同發でマーライコーのフレンチトーストを食す【散歩】冬になりきる前のこの季節、天気のいい日の散歩は最高ですな。 中華街には!!リア充とリア充とリア充が溢れてるけど!! 喪仲間の友人とふ...
あわせて読みたい
【秋葉原】マグロの一徹で赤身の旨さに溺れる【マグロ】【肉ソン大統領】のレビューに結構来ていただいてるみたいで。お店のFacebookで紹介していただいたみたいで照れますな!! http:...
あわせて読みたい
【食べ歩き】ラムと牛タンを抱いて溺死しろ!!「めり乃」最近、なんとなく真面目に語ったり語ったり、アフィっぽいことしたりしてたんですが、一瞬仕事がショート仕掛けた状態でネタが尽きて我に返りまし...
あわせて読みたい
【肉】都会とダイエットに疲れたから「焼ジビエ罠」で肉を貪って野生に帰ってくる【ダイエット】無性に体が野生に帰りたい瞬間があるんだよ…。 ジョウスィが面倒くさいこと言ってきた時とか、無茶ぶりの案件に頭抱えてる時とか…。 肉...