【glafit】梅雨入りしたぞ、電動バイクの雨対策は充分か?!

glafit

関東梅雨入りしましたなー。
かねてより「雨天走行OKって言ってたのに雨の中を走ったら故障した!!」という声が多々あったglafitバイク。
メーカーがマイナーチェンジのお知らせを出して対応してくれたけど、「いや、一回あったことはやっぱなんか不安…」なユーザーでいろいろ雨対策の情報交換が活発であります。
一応電子機器だから、防水してあるとはいえあんまり雨ざらしにしたくないのは真理だしね。
私のglafitバイクも、雨の日に走行した翌日からウィンカーが片方点灯したままになり、メーカー修理になったしね…。
もちろん交換してもらったメーターは快調です!!

旧式のメーターが付いてるフレームナンバーFR1801以前の人は、購入したスーパーオートバックスに交換をお願いしてください。

自転車用ポンチョは正直微妙だった

まあこれがベストにして王道でしょ?と思い、導入した自転車用ポンチョ
前カゴもカバーしつつ、雨を避けつつ、後ろもしっかりOK。
念の為、前の一部がビニールになっているやつを買ってみました。

店に入る時、脱着が楽なのは最高にGOOD

スポッと被ってヘルメットを被り、ミラーを穴から出すだけで完了。
降りたらズボッと脱ぐだけでいいので、レインウェアより手軽なのは良かった。
おそらく手軽さはどの雨対策より最強。
自転車用はヘルメットを被ったまま頭を出せないのが難点だけど、バイク用ならヘルメット装着のまま脱着できるのもあって更に手軽。

ウィンカーやメーターが見えないんだが?!

透明部分が意外と小さいのが多い…。
ウィンカーやメーターに被って手元がまったく見えない上に、日中は前方から来ている車両にこっちのウィンカーが見えない!
布地が薄いから夜になれば問題なくても、昼間は結構怖いぞこれは…。
車道を走ってるときのウィンカーは、自転車と違ってかなり大事。
なのでポンチョは正直微妙。
改造番長ツルテンタンゴ氏のポンチョレポもこの通り…。

雨対策にはTwitterの改造番長たちの工夫をパクれ!!

glafitバイクには元々自転車好きなファンが多いわけでして。
色んなアイディアで雨対策してます。
ガチで改造しまくりな改造番長たちのアイディアをパク……インスパイアして雨対策しよう!そうしよう!
私もパクる。雨の中で快適に安全に乗りたいんじゃ!!

電動アシスト自転車用アームカバー

glafit改造勢はミラーをバーエンドにしたり、ハンドルを交換していたりする。
そこで「計器類を防水できればいい」の原点に立ち返ったのがこれ。

たしかにこれから夏だけど、冬場の走行考えてなかった!
関連ツイートで紹介されてるアームカバーは脱着式のボア付きだから長く使えそうでいいねいいね…。

スプレー式の防水ゴム

500kmおめでとうございます!
多分使用されたのは液体ゴム…?
とにかくこのメーター、旧式のやつは防水がとことん弱いから、コイツを防水しないとどうにもならないんですよね。
吹き付けにはコツが必要な模様。

シリコンカバーや防水フィルムを装着

こっちも「メーターをとにかく防水にする」対策
ホントもう、このメーターが漏水して故障がglafit発売からの一番のトラブルでは?ってぐらい多発してます…。

これぞシンプルイズベスト。

本気出して解体してガチ防水

改造番長たちは日頃から鼻歌交じりに解体して改造しているが、正直、自転車整備と機械工作がわからない素人にはオススメできない
改造レポを参考に自分で頑張るんだよ、レポを上げてくれた人に「上手く行かなかった責任取れ」とか突撃したらあかんで!

雨が激しい日は滑りやすいから無理しないのも大事

なんとか雨の中を走行したい話を続けてきたけど、雨の日は無理しないのも大事
特に原付バイクは道の端っこを走ることになるから、水たまりやがたがたの路面を走ることもしばしば。
雨の日は滑りやすくブレーキも効きにくく、更に視界も悪い。
事故を起こしやすい条件が揃いに揃ってるから、今日は雨すごいなーと思ったら諦めよう。


■ランキング参加中■
ブログランキング・にほんブログ村へ