【Android】画面が割れてタッチ操作できないスマホをマウスで操作する方法

ひとりごと

や~、意外と落とすよね、スマホ。
画面バッキバキになるよね。
液晶が割れたらどうにもならなくて頭抱える人も多いですよね、わかる。私も絶望した。
アプリの引き継ぎコードどうすんだよ…とか。
昔書いたミラーリングケーブルの使い方に結構人が来てくれているのだけど、こいつはどうしても使いにくい。
「とにかくめんどくさいことは置いといてマウスで操作できればいいんだ!!!」という人のほうが多いだろう。
OK、端子別に画面が割れてタッチ操作不能になったスマホの救済方法を紹介していこう。
ちなみに救済するための予算は1000円だ。
ミラーリングケーブルはあれこれアプリを入れたけど、今回は物理と物理で解決するぞ!!

USB端子の形別、スマホとマウスの接続法

世の中のスマホのうち、Lightningケーブルを使うiPhoneを除くと、かなりの数がmicroUSB。そして地味に増えてるのがType-C。
それぞれにコスパのいい接続方法が別口であるので、まずは端子のかたちを確認。

AndroidはデフォルトでUSB機器の接続に対応してるから、特に設定は不要。
基本機能としてマウスで操作できるようにできているんだなあ。
ちなみにiOSはマウス非対応です。脱獄すると使えるらしいぞ。

microUSBのスマホにマウスを接続する

いわゆるUSBの大きい端子はUSB-A。
パソコンに挿して使うから、めちゃくちゃ普及して安いマウスがたくさん出てる。
まずはマウスを買おう。500円ぐらいでいい。なんなら100円マウスでもいい。

で。このUSB-AをmicroUSBに変換。

これで1000円弱でmicroUSBに繋げるマウスが完成
ちなみにmicroUSBマウスは2000円ぐらいするんだよ…。
あとはスマホのmicroUSB端子にぶすっと挿せば、あら不思議タッチ操作を拒否っていたスマホにこの通り。
お気づきだろうか…画面中央にご注目いただきたい…。

ご覧の通り、マウスのカーソルが出現。
このカーソルでグリグリ動く。

あとはアプリの引き継ぎコードとか、バックアップとか、欲しい情報を引っこ抜いて保存しよう。

Type-Cのスマホにマウスを接続して操作する

これも変換アダプターを使えばOK。

700円しないので、こいつを適当なマウスに挿してType-Cのコネクタにイン!!!
さすれば貴方のスマホ画面にマウスの→が登場するであろう。
microUSBと原理は同じです。

NFC対応の端末にNFC対応のマウスをタッチで接続する

事前にNFC機能がオンになっているという条件があるけど…。
オンになっていればタッチするだけでワイヤレスマウスと接続できるのがNFC搭載マウス。
といっても今はものすっごく数が少ないんだけども…。

Bluetoothと違って、これは事前にペアリングしてなくてもペアリング可能なのがいいところ。
どうしてもワイヤレスで使いたい場合は、もうこれしか機種がなさそうなので諦めてこれを買おう。
ホワイトなら2980円だ!

マウス操作で画面割れからでもデータは抜き出せる
画面割れたら終了かなあ…って思うし、実際iPhoneは画面バキバキでも生き延びてるのに、Android端末はちょっとヒビ入ったくらいで操作受け付けませーん!な軟弱者がとにかく多い!
でもね、マウスさえつないでしまえば画面がタッチできなくても関係ないのさ。
ということで、画面が割れちゃってどうにもならない人は1000円ぐらいで救済できるから諦めずマウスを買おう。


■ランキング参加中■
ブログランキング・にほんブログ村へ