仕事の話

【ゆるいライター話】ライターになりたい人の金の話・Webライター編

前回から間が空きましたが、今回はぶっちゃけ直球な単価の話。
といっても守秘義務と人付き合いが命の業界なので、○○は●円で△△は×円で…みたいな具体例はないです。
あと、あくまでわたぬきの経験則なので、取引先や受注形態によって全く異なるし、サンプル数も少ないです。
ここに引っ掛かった結果、紙媒体への活路を模索し始めたという、わたぬきの昔話です。
駆け出しのペーペーで、業界の常識すら知らぬ新米ライターの体感数値なのが大前提です。

その単価で本当に食えるのか

Webライターの場合、実際の時給に換算して1000円切ることは結構ザラにあります。
むしろ超えるほうがレアです。

主婦でも簡単に稼げる!未経験からでも誰でもスタートできる!
貴方もWebライターで稼いじゃおう!やり方しだいで稼げる人は月に10万20万は余裕!
文章を書くのが好きでブログを書いてる人なら大丈夫!

とかいろいろ煽り文句につられて、「家で自由な時間に仕事が出来て、簡単に稼げるなら…私ブログ書いてるし、結構人来てくれてるし…」と思ってWebライターに手を出そうとしている人、手ぇ挙げてー。
ぶっちゃけWebコンテンツライティングの受注だけで飯が食えるのは、Webライター全体の1~2%です。
世知辛いけどこれ現実なのよね。
そもそも誰にでも未経験から出来て簡単に稼げるなら、応募が殺到するわけで。
それが常時募集中で経験問わずな時点で「んんん??」と思って良いのであります。

Webコンテンツは大体の場合、ライターに回ってくる時点で下請けまたは孫請けです。
中間に入ってる会社にがっつりマージン取られてます。
元請けになる場合でも、現在はかなり単価が下がってるのと顧客もWeb検索して相場調べてきてるので、交渉失敗すると孫請け以下の単価ふっかけられることもしばしばです。
単価が高めの記事でも、500文字書いて400~600円がほとんど。
ひどいのだと600文字100円なんてのもぼろぼろ出てきます。
Webライティングは文字単価1円超えると高報酬の部類に入るようだけど、文字単価1円以上の記事を1200文字以上書けないと派遣の時給を割り込みます。
社保入れるし、毎月時給分の給料の保証があるだけ派遣の方が遥かにマシ。

受注状況はそんなに甘くない

そもそも、フリーは仕事自体、入札したり応募したりして取って来なきゃいけない。
つまり、毎日一定量の仕事の保障があって、書いて送って締め日に請求書出せば振込日にお金☆ってわけではないのであります。

・仕事を探し、応募し、メールのやり取りをして着手するまでの時間
・題材に対して、資料検索やネタを考える時間
・実際に打ち込み、原稿を作る時間
・出来上がったものを納品し、最後に請求書を発行する時間

派遣と同じぐらいの給料を在宅のWebコンテンツライティングだけで稼ぐには、これ全部ひっくるめて1時間に1200文字、500円の記事を2.5本書けないとならんわけです。
営業と事務処理の時間込みです。
ある程度取引をするようになって、一定量の仕事を定期的に貰えるようになっても、一か所に収入を頼るとそことの取引が切れた時に危ないので、保険はいくつか用意する必要があります。

クラウドソーシングのサイト募集は、1記事からの募集もありますが、大体15件ぐらいの原稿をまとめて3500~5000円ぐらいの発注が多いです。
つまり日給1万を超えるには、5000円の仕事を毎日コンスタントに2件以上回してないといけないわけで。
実際にクラウドソーシングを利用して仕事をとったことのある人には今更だけど、あの手のサイトは「発注→入札→受注→納品→決済」の流れで仕事をします。
Lancersのタスクワークのような、既に単価が決まっているものを埋める仕事もあるけど、単価は爆安なので手を出すだけ無駄。
文字単価の高い仕事を探すには、通常発注の案件を探すことになります。
この時間が結構掛かる。
更に入札だから必ず取れるとも限らないし、それを前提にたくさん入札したら全部回ってきちゃってパンクなんてことも。
Webライターを会社で公募してるところもあるけど、そこも単価はよーく見ないと結構安いところがあるので、引っかかったら悲惨です。
働けど働けど…の在宅ワーキングプアへようこそ。
そもそも、ほぼ9割がGoogleBOTに拾わせる時にワードサラダと認定されて弾かれないために手動で書いただけで、基本的に人間に読ませるわけではない文章を作るWebライティングは、ボールペン組み立ての内職みたいなものであります。
これからも文字単価はどんどん下がっていくし、単価が下がる以上時給は頭打ち必至です。
単純に記事を書くだけの仕事では「やり方しだいであなたも高収入!!」とか無理ゲーです。

じゃあどうやって稼いでるのか

Webライターで生計を立ててる人達もいるじゃないか!!と思われましょう。
もちろんいます。結構います。
その人達は純粋にWebライターだけで食べてるわけじゃないです。いやホントに少数いると思いますけど、全員そうではないです。
ブログライティングやクラウドソーシングのサイトの上位の人だけ見て、こんなに稼げるんだ!!私も稼げる!!と思っても、その下に数百数千の無名のライターが蠢いてるわけです。

1)純粋に単価の高い仕事をしている
理想であります。
その人の書く文章そのものに価値がある、単価の高い案件を複数抱えている人であります。
ただ、初心者や未経験者の手が出るところには案件がありませぬ。
おもしろ情報系ニュースサイトや、情報発信系サイトでライターを募集しているので、我こそは!!という人は挑戦するのもよろしかろう。
日常的に1000RTされるようなサイトで書ければ、Webライターとしてのブランディングにも役立つことでありましょう。
代わりに要求される水準は物凄く高いので「私のブログ面白いって友達に言われるし♪」くらいの自信なら手を出さないほうがよいでしょう。
ガチでプロの世界なので、壁は分厚いです。
かなり単価高いWebメディアの堅いところ(経済とか社会とか政治とか海外情勢)なんかは、基本的に公募はなく、他の分野で一定の業績をあげてる人や、ネームバリューのある人にだけ回ってくるようであります。
伝聞ですまない。

2)アフィリエイトやインセンティブ制のサイトを掛け持ちしている
自分のアフィブログを持ったり、原稿にインセンティブが付くところで書いてる人。
一時期アフィももてはやされたけど、旅行ガイド系サイトやNAVERのまとめでかなり稼いでる人もいますね。
多くの人に読んでオモシロイと思って貰う必要があるので、一定以上の文章力が要求されますが、文章力や情報力に自信があれば収入はかなり上がるようです。
代わりに、情報の鮮度と面白さを求められるので、ガチンコ実力一本勝負。

3)自動生成ツールで大量生産して時間単価を上げている
世の中には、自動記事作成ツールやそれに類するものが山ほどあります。
みんな楽したいわけで、アルゴリズムなんかも昔よりずっと良くなって、人間が書いたかのような文章を作ってくれるソフトがモリモリ出ております。
この手のソフトを使ってぽちっと大量生産してざかざか納品すれば、1記事100円でも1000や2000ちょろいですわな。
とはいえ、この手のソフトはそれなりにお値段も張ります。
高精度な文章が生成される代わりに、記事のジャンルごとに別売りで各25000円なんてのもありました。
買ったはいいけどそのジャンルの仕事を二度と受注しなかった!!とか、思ったほど受注できない!!なんてことになると、赤字必至です。
ご利用は計画的に。

4)ライターになりたい人向けのセミナーや講師をしている
誰だって成功者の話は聞きたいものであります。
それで食いたいと思っていて、上昇志向があるならなおのこと。向学心てのは大事なものであります。
なので、その願望に応えるべく、一定の実績を上げた人の中にはむしろこっちに力を入れてる人のほうが多い様子。
「どんな文章のテクニックがあるのか」とか「どうすれば人に読んでもらえるのか」とか。
読んで気になったブログがあったら、セミナーや講座に参加してみるのも良いかと思います。
ただ、勉強になるブログやセミナーもかなりありますが、逆に中には気になるタイトルで釣るアフィ教材売りが主目的のブログもあるので要注意。
セミナーに参加することで横のつながりが増えて、そこから仕事が~なんて話もぼちぼちあります。
ライター業界、結局は人脈が命であります。

5)アフィ教材を売る側になる
この手の記事をここまで読んじゃった「Webライターになってフリーで稼ぎたい!」と思ってる人、挙手。
引っかかる側より引っ掛ける側になるという最終手段がありますが、じわっと恨みも買うので正直おすすめできない。
Webで売られているテクニック系のハウツーPDFは、9割方役に立ちません。
セミナー行ったり本買って読むほうがよっぽど役に立ちます。
あの手のハウツーは、買ったら必ず等価の仕事が発注されるならまだしも、買って読んで仮に文章が上手くなっても、更にそこから仕事がもらえる保証は誰もしてくれません。
が、買う人はそれなりにいます。藁をも掴む思いで買う人もいれば、これでウハウハーな気持ちで買う人もあり。
人間の欲はつきせぬものなので、アフィ教材を売る側になるのもひとつのWebライティングの稼ぎ方です。
購入者は少なくとも書き手の文章に引っ掛かって買うわけなので。

おぃい?すぐ稼げる具体的な話が聞きたいんだが?

そんなもんはありませぬ。
文章の単価とクオリティと付随する責任は連動してるので、「文責が自分にあり、読者を呼べる文章」ほど単価は上がるし、逆に「一発書きで誤字がなければそれでオッケー、クオリティは問わない代わりに著作権も譲渡してね☆」な文章は単価が下がります。
責任と単価はシーソーゲーム。
責任が重くなるほど、単価はぐいっと上がります。これはWebだけでなく紙でもわたぬきの体感ではそんな感じ。
ただし、責任が重い仕事はやはり経験や実績、実力を求められます。
そうなると、未経験で特に造詣が深いジャンルもない、文章テクあるわけじゃない…って人には、↑の1みたいな仕事は壁が分厚くて手が出ない。
2みたいな仕事はライバルが多すぎて浮上できない。
結局3か5か、どっちもダメなら安い単価で喘ぎながら仕事をすることになります。

そんなこんなで、わたぬきはWebライター業を1年ほど続けた結果、見切りをつけて紙媒体に突撃したわけであります。
(つづく)


参加中ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

■ランキング参加中■

ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. アフィリエイト

    【アフィ】半年でブログ収益月額15万を目指す【チャレンジ】
  2. カフェ

    【カフェ】横浜中華街・同發でマーライコーのフレンチトーストを食す【散歩】
  3. 写真

    【日帰り旅行】おひとりで善光寺の紅葉を堪能してきた【写真】
  4. ご飯

    坊やだからさ…
  5. ひとりごと

    ブログを引っ越し&再構築
PAGE TOP