ご飯

【秋葉原】マグロの一徹で赤身の旨さに溺れる【マグロ】

【肉ソン大統領】のレビューに結構来ていただいてるみたいで。お店のFacebookで紹介していただいたみたいで照れますな!!
みんな肉好きだな?!私も大好きだ!!魚肉も好きだけどな!!!
ということで、今度はマグロだ…。そう、日本人が大好きマグロちゃん。
その赤身を「マグロの一徹」で浴びるほど食べてきました。
トロもいいけど中落ち付近の赤身は最高に美味いぜ?
とはいえ、この店なかなかにハードコースでした。

入り口を発見して入るまでの難易度が高い

写真掲載するとGoogle先生に「アダルトサイト死ね!!!」て言われてまいそうです
つまりそういう難易度の高さを持ってます。
そもそもその入口自体が、牛丼屋とコンビニの間に挟まれて超見付けにくい!!
s-dscn0264そして発見すると、まず目に入るのが激安焼肉「大酋長」の看板。
s-dscn0267さらにアダルト系サービスの看板と客引きのお兄ちゃん。
s-dscn0266前を通過すると容赦なく声掛けられます。
こんな張り紙まで…。
s-dscn0269もう入り口がすでに超ハードモード。
オタグッズショップとメイドカフェが激しいガードをキメるミートワイナリーを、余裕で超えるハードルの高さ。
だがここを突破しないと激ウママグロとは出会えぬのだ…。

店内は普通のお店、マグロの被り物もあるぞ

入り口のハードルさえ超えてしまえばこっちのもの。
店内はごく普通の居酒屋風。半個室もあるで。
って、席についたらめっちゃこっち見てる…!!!s-pb043613すまんな、今からお前ら食うで…。
ということでレッツメニューチェック!!s-pb043614っていっても割りと普通の海鮮居酒屋です。
だがしかし。
今日の狙いは刺身盛り合わせではないのだ…。
そう、国産本マグロの中落ち。骨の周りの肉である。
いかんせん生き物の肉だから、その日の仕入れ状況によるらしいが…とりあえず4人前の大きさをお願いした。
「こちら4人前の量ですが大丈夫ですか…?」とどっかの肉バルで言われたセリフをまた聞いた。
いいから持って来い。
魚肉の4人前など!!瞬殺だ!!

スプーンで豪快に食うマグロの新境地!

s-pb043616いやあ……見事な中落ち。
たっぷりついてやがるぜへへへへ…。
ということで、スプーンで行きます。
s-pb043625んふ…!んふふふふ!!
魚肉って感じの赤身!!
マグロはトロが云々言いますがわたくし、中落ち付近の赤身に敵うものなしと思っております。
ということで醤油をちょちょっとつけて豪快にゴリゴリしながら食いまくる!!
そうそうこれこれ、これがマグロよ!!!
一人で黙々とガリガリするのもいいけど、数人でワイワイ削りながら食べるのが多分本来の楽しみ方であると思われます。

刺し身や揚げ物メニューもうまい

中落ちをゴリゴリしつつ、サービス刺し身もいただきます。
500~600円で色々あるぞ―。
s-pb043627見てこのバチマグロぷりっぷり…。
頬肉のステーキもアブラ乗ってて最高であります。
s-pb043632牛肉にはない脂の乗り方なんだよね…。
この、マグロの頬肉ってやつはさ…。
s-pb043635シンプルに塩コショウのところへ、店員さんにお願いしてレモンをもらってひとたらし。
美味い。
レンコンのはさみ揚げとか、山芋の竜田揚げとか…。s-pb043637 s-pb043639これで二人で2杯ずつ飲んで3500円少々!!
いやーリーズナブル…。
マグロ食いたくなったらここはヘビロテですね、入り口のハードルが高いけどな!w


参加中ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

まぐろの一徹
まぐろの一徹
8.25

コスパ

10/10

    10/10

      立地

      7/10

        混雑

        7/10
          イイネ
          • とにかくガツンと激しくマグロ
          • 大体のメニューがリーズナブル
          • 鮮度抜群、美味しい
          • 出て来るのとにかく早い
          イマイチ
          • 入り口のハードル高すぎ…
          • 席が少ないからちょっと混むかも

          ■ランキング参加中■

          ブログランキング・にほんブログ村へ

          1. ご飯

            【地元再訪】近江屋洋菓子店【本郷】
          2. ご飯

            【肉ランチ】フレンチ食堂ぶどうでミートボールのラグーを食し女子力を上げる【岩本町…
          3. 写真

            【日帰り旅行】おひとりで善光寺の紅葉を堪能してきた【写真】
          4. 写真

            【地元再訪】竹と和紙と電球の温度・石塚商店【湯島】
          5. アフィリエイト

            【アフィ】半年でブログ収益月額15万を目指す【チャレンジ】
          PAGE TOP