ひとりごと

Ultraの後継機は出ないのか…

なん…だと…。
6.44インチ、男性の背広の内ポケットにすっぽりサイズの馬鹿でかいスマホことXperia Z Ultra。
後継機の予定は今のところないらしい…。
SONYなら次は4GBに有機EL搭載のファブレットをどーんと出してくれそうな気がしてたんだけどなー。
体感では結構売れ筋に見えたんだけど、上層部が思ってたほど売れなかったんだろうか。
やっぱりデカいのか、日本人には6.44インチはデカすぎるのか。
でもアレ意外と薄いから、持ち慣れちゃうと画面大きいし悪くないんだけどなーと思ってたら、女子力高い知人いわく「Ultraはフリック入力できないから片手操作無理で、気軽に使えない」
……Oh。
自分がずっとスマホを手にした時から両手持ちにキーボード親指入力だったから、片手持ちフリック入力は想定外であったよ…。 2014-06-11 01.48.40 思えば東芝のスマホもどきbiblio→REGZA Phone IS11T→Xperia Z→Xperia Z Ultraと来て、文字をフリック入力したことがなかった。
Simeji騒ぎの時も、ほぉーなんか騒ぎになってんなーSimejiってなんだっけ?とかのんきなこと言ってたよ。

なにはともあれ、どうやらこのままSONYの鬼子のパターンにハマり、βよろしく6.44インチファブレットは消えてしまう様子。
残念。

しかし、Xperiaに限らずSONYのリリース速度は半端ないけど、最近迷走を感じなくもない。
先にフラグシップモデルを出してから、様子見つつ汎用機を出してくのはいいんだけど、スペックを切り捨てた廉価版はいらんと思うXperiaファン。
手にした時の、ああこいつ凄くイイ…!高くても許す!!を感じるあの両面ガラスのデザインを貫いて欲しいし、無駄に高スペックでいて欲しい。
Xperiaは「これまでにない経験・体験を提供する商品」としてexperienceから名付けられたのだから、「なにこいつすげえ!こんなん初めて!!」なシロモノにこそ名付けて欲しい。

現行製品から明らかに見劣りをするレベルまでRAMを削り、機能を削り、性能を落とした廉価版は、Xperiaを冠してはいかんのです。
斜め上に突き抜けたデザインと、行き着くとこまで行っちゃって「スマホにそこまでいらんやろ!!」なハイスペック。
なにもかもがいつでもファンの予想の斜め上をマッハで錐揉み飛行。
それがこそがSONYに、SONYタイマーだなんだと悪態つきながらも、SONYを愛してやまないファンが期待すること。
今までも、そしてこれからも、ずっと時代の最先端を通り越して崖っぷち。
SONYはそうであって欲しい。


参加中ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

■ランキング参加中■

ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. ご飯

    【ダイエット】ご飯のカロリー50%OFF、マンナンヒカリをいかにして美味しく食す…
  2. ご飯

    【修羅場の】玉ねぎとしめじと豚肉のパスタ【150円貧乏飯】
  3. ひとりごと

    過ごした魚ワンナイトスタンド
  4. ひとりごと

    【モバイル】iPhone6を最終的に格安で使い回す方法【iPhone】
  5. ご飯

    【ダイエット】目覚ましコンソメスープ
PAGE TOP