アプリ

【Android】Google日本語入力をダウングレード【アプリ】

Google日本語入力といえば、Androidの日本語入力の中ではかなり優秀なアプリ。
無料で使える日本語入力の中ではわたぬき内ではトップ3だったGoogle日本語入力。
まだアップデートしてない人は、そのアップデートちょっと待った!!

QWERTY配列から記号入力キーが消えた!?

一切スマホのフリック入力ができないわたぬき。
特にXperia Z Ultraはファブレットに属するそのバカでかさから、片手で持ってフリック入力するには重すぎるしでかすぎるし指が届かない。
なのでだいたい入力は両手で持って横画面でQWERTY配列を愛用してたのだけど……
2014-12-08 16.56.54おぃい?!
見慣れた場所に見慣れたキーがないぞ?!
メジャーアップデート後、QWERTY配列の日本語入力画面から、記号入力画面への切り替えキーが消えている…!!
顔文字やアイコンに統合されたのかと思って、キーを押してみるも…
2014-12-08 16.57.04
やっぱないぞ?!
ていうかこの画面も使いにくくなってんぞ?!
どうやら最新のアップデートで実装されたマテリアルデザインとともに、日本語入力のQWERTY配列からはよく使う記号などがまとまってた記号入力画面自体が削除された模様。
それ削除しちゃダメですやん、他の日本語入力と一線を画してたGoogle日本語入力最強の便利機能ですやん!!!

消えたキーってどれよ?

この「あa」の隣にある小さいキーが今回消えてしまった重要なキー
2014-12-09 01.51.48このキーを押すと出てくるのがこの画面。
2014-12-09 01.51.54数字やよく使われる記号、特にカッコや~、時分月日。このへんは使用頻度めっちゃ高め。
2タップで変換なしで入力できると、どれほど楽かお分かりだろうか…。
更にこの画面を表示したままALTを押すと、記号画面切り替わる。2014-12-09 01.51.591つ目の画面よりはやや使用頻度は下がるものの、一発で曜日入力ができたり、【】カッコが使える。便利この上ない。
スマホで仕事のメールを打つ人なら、この入力がワンタップで出来る便利さを、震えるほどわかっていただけるだろう。

この超便利な機能をGoogle日本語入力はバッサリと切り捨ててしまったのである。
切り捨てたってことはいらない機能だったんじゃ?とお思いだろう。
しかし、このキー、英字入力のQWERTY配列にはちゃんと残ってるのだ。
つまり「使える機能」としてGoogleも認識しているはず。
なぜだ、なぜ消してしまったのだGoogle…!!!

基本的にダウングレードはできない

Androidのアプリは基本的に、自分で前の状態をバックアップしておかない限り、ダウングレードすることはできない
なので、最新のアップデートを適用してしまった人は例え旧バージョンのほうが良くても、手も足も出ない。
QWERTY配列を愛用していた方でまだアップデートしてない人は、どうかそのまましばらく様子を見て欲しい。
さて、アップデートしてしまってQWERTY配列からキーが消えたことに嘆いている、あなたと私。

正攻法で頼む

次のアップデートで対応してもらうべく、レビューやデベロッパーへの報告などありとあらゆる手段で「あの機能返して!!」と声を上げる。
これが唯一の正攻法。
諦めて他の日本語入力に切り替えるのが賢明のようだけど、やはりGoogle日本語入力は無料の中では最強に近い変換率や辞書量を誇るので捨てがたい。
しかし、相手はあのGoogle。
数万人からの問い合わせでもない限り、100人や200人が言ったところでスルーされる可能性がある。
機能を復活させてもらうべく、知人友人その他人的ネットワークを総動員してコツコツコツコツ報告を頑張るしかない。

バックアップから復活

日常的にこまめにバックアップを取っている人は、そこから復活すれば大丈夫。
と言いたいところだけど、Androidのバックアップを日常的に取ってる人って、ほとんどいないと思う。
大体の場合、なんか起きた!!という時に慌ててバックアップあればあああ!ってなるわけで。
今後のためにバックアップを取りつつ、バックアップがなかった人はやっぱり正攻法しかない。
ちなみにバックアップの取り方は色々あるので、自己責任で各自調べて欲しい。

 ネットからAPK拾ってくる

ここからが本題。そして100%完璧に自己責任です。
「紹介されたからやったのにトラブルが起きた!!なんとかしろ!!お前のせいだ!!」という人はやらないでください。
というのも、そもそも、前のバージョンのAPKをネットで探してインストールすること自体かなりギリギリアウト。
なので、おおっぴらに紹介するような内容ではないのが一つ。
そして、APKからのインストールにまつわる最低限の自衛が自分の責任でできないなら、この手段を講じるのはそもそも無理。
おk?

では。

1)APKを探す
今回戻したいバージョンは、Google日本語入力の1.15.1785.3-arm
「Google Japanese Input 1.15.1785.3-arm apk」
で検索します。多分中国のアップローダーがいくつか引っかかります。
その中からよく探してDLします。

2)スマホにAPKを入れる
まずAndroid本体のGoogle日本語入力を削除。さらばバージョン2.0。
その後、PCにつないだりその他もろもろの方法でスマホにAPKを移し、ファイルをタップします。
インストールが開始。無事旧バージョンのGoogle日本語入力が復活。

ただし、その辺に落ちてる野良APKは改変されてウィルスが入ってる可能性があります。
感染してトラブルが起きても、完全に自分の責任です。
調べてファイルが大丈夫かどうか確認できない人はやらない方がいい。
「確認法がそもそもわからないんだが?!」という人はこちら。
「VirusTotal」https://www.virustotal.com/ja/
拾ったAPKをここでチェック。

SnapCrab_Antivirus scan for 673ddef826714fd9d42adb80fb774c9f87c63bb3c4cb3c166625156a7b7d1ff0 at 2014-11-13 20_2014-12-10_13-22-50_No-00こんな分析結果が出ます。
これでも完璧かと言われると微妙。でもまあ、80%ぐらいはイケるんでない?というところ。
どうしても旧バージョンがいい!!!という人はお試しあれ。
ただし本当に自己責任です。


参加中ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

■ランキング参加中■

ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. ひとりごと

    ブログを引っ越し&再構築
  2. ご飯

    【肉】洋食屋せんごく本郷店【ステーキハンバーグ】
  3. ご飯

    【修羅場の】キャベツと豚肉の和風パスタ【150円貧乏飯】
  4. PC関係

    自作PCコワクナイコワクナイヨ
  5. ひとりごと

    Xperia Z Ultraの液晶死亡→代替機来るまで
PAGE TOP